東北地質調査業協会

  • お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • ホーム
  • 協会のご案内
  • 組織
  • 地質調査業とは
  • 技術資料
  • 会員のみなさまへ
  • CATEGRY CONTENTS
  • 地盤調査計画
  • 計画のポイント
  • 必要な地盤情報
  • ポイントと流れ
  • 調査方法
  • 調査計画上の留意点
  • 新技術
  • 各県の地質
  • 地質調査Q&A
  • 出版物のご案内
  • 地質見学スポット

調査計画上の留意点

構造物の計画内容により次の点に留意する必要がある。

  1. 構造物は、単独で計画される場合と道路や造成などの全体計画の中で計画される場合がある。
    特に道路の場合、橋台とその背面盛土との一連の問題に注意しておく必要がある。一般的には、盛土による圧密沈下が橋台の基礎杭にネガティブフリクションを発生させないか、側方移動の危険性はどうか等にも留意した調査計画を立てる必要がある。
  2. 調査の結果、支持層の分布に傾斜や不連続性などが認められた場合など、さらに詳細な調査を実施し、精度の高い地質断面図を作成することが必要である。

  • 現場情報
  • 若手技術者の広場
  • リンク

このページの先頭へ戻る

前のページへ戻る

Copyright2001 (c) TOHOKU GEO All right reserved.